ジョジョのアニメの感想を語るッ!

ジョジョ アニメ 第三部 第42話 『亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1』 感想ッ!

ゲームの天才、テレンス・T・ダービーとのレースゲーム対決に敗れて奪われてしまった花京院の魂を取り戻すため、承太郎は野球ゲームで立ち向かう!
TVゲームのド素人である承太郎では勝てる見込みなどない勝負だったが、持ち前の冷静な判断力と洞察力でなんとアッという間にゲームに慣れてホームランを連発!
しかし、ダービーは自身のスタンド能力により次第に点差を縮めてきた!

果たして、ダービーのスタンド『アトゥム神』の秘密とは?
そして、承太郎はダービーを倒すことが出来るのか?

ってなトコロで、まさかの3話にまたがってのダービー戦!
今回でいよいよ決着ですね!

それでは

ジョジョ アニメ 第三部 第42話のレビュー

いってみよ!( ゚∀゚)ノ


Sponsored Link

ジョジョ アニメ第三部 第42話 レビューッ!

スターダストクルセイダース 第42話 『亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1』 あらすじ

「なっなに!今なんといった!?承太郎ッ!」

「言葉どおりだ・・・
老いぼれて耳が遠くなったかジジイ
投球予告をすると言ったのさ・・・
おれは外角高めへストレートを投げる」

「承太郎・・・」

「信じるか?それとも信じないか?」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「信じるか?それとも信じないか?」
「フン マヌケか・・・きさま・・・」

グオォォゥゥゥォォゥォ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 アトゥム神から見た承太郎
(私のスタンドは相手の『魂』の状態を
光子暗視装置のように見ることができる・・・
どんな人間だろうと『魂』はウソをつかない・・・)
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 アトゥム神の能力
YESか?NOか?右か左か?
質問をすることによっていずれを選択しているかわかる・・・
外角か内角か?高めか低めか?変化球か直球か?
100%の的中率で判別できる!)
「外角高めへストレートだと?」
(YESかNOか?)
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 YES! YES! YES! YES!
YES!YES!YES!YES!

(承太郎はウソをついていない・・・
『外角高めストレート!』マジに投げる気だ・・・
どういうつもりだ?私の兄にハッタリで勝ったらしいが・・・
それでこのわたしも動揺するとでも思ったか・・・このバカがッ!)

「投げるぜ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「投げるぜ」

「11点の差がついたら
その場でコールドゲームということをお忘れなくッ・・・」

 

投球する承太郎
球はそのまま真っすぐ投げられ・・・ていない!?

 

カクゥ~ン
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 カクゥ~ン
なにィーッ!!変化!・・・ッ
したーーーッ!シュートしたー!
バカなッ!曲がったッ!

《あたった!しかし三遊間ゴロッ!
一塁へ送球して!アウトッ》
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「アウト」

ドーン

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 驚くテレンス
(バ・・・バカなっ!たしかにこいつは!
まちがいなく外角高めのストレートを選択したッ!
ブッダのような聖人だろうと兄のような天才サギ師だろうと
魂までコントロールすることはぜったいできない!)

「次も外角高めストレートで行くぜ・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「ウソはついていない」
(ま・・・またウソはついていない マジだッ!)
「承太郎・・・まさか・・・
イカサマはしていないよな?」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 I DO!
I DO!I DO!I DO!いる!いる!いる!

「なに!!」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「なに!!」
(『イカサマをしている』だと!?)

 

困惑するダービーをよそに投球する承太郎
そして・・・

 

ドシッ

《内角低めへ フォークボールッ!
ピッチャーフライ!アウトッ!ツーアウトッ!》

「イカサマをッ!
承太郎!きさま!機械になにか細工したな!?」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 NO!
NO!NO!NO!NO!NO!NO!

「!?え! !?」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「細工ではないのか」
(細工ではないのか!)
「イカサマをしているのはわかっているッ!
どんなイカサマをしているのだ!」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ・・・・・・
・・・・・・・・・・

(は・・・反応なしだ・・・く・・・くそッ!
質問はYES NOで答えられるものでなくてはならないのだった・・・!)

 

いや、自分のスタンドの能力忘れるって

弟、テンパりすぎやろ!ww

 

「どうやらお前の読心術はYES・NOの答えのみのようだな・・・」

 

へ?さっき「I DO!」って言ってたような・・・(;´∀`)

 

「きさまの兄貴は いってたぜ・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「バレなきゃあイカサマじゃねえんだぜ」
「バレなきゃあイカサマじゃねえんだぜ・・・」

 

名言キマシタ!( ゚∀゚)ノ

 

「バレなければ・・・イカサマじゃあないだとお~~
クキクウウウ~~~ゥゥ よくもぬけぬけと・・・
聞いた風な事を~ 誰に向かっていっているのだ・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 必死なテレンス
投げろォォォ承太郎ォォォーッ
きさまのイカサマをあばいて
魂を抜き取ってくれるゥゥゥゥゥ」

「投球予告は・・・外角高めストレート」

シュゴォォォーーーッ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 シュゴォォォーーーッ
(承太郎の魂はウソをついていない・・・
外角高めのストレートというのは本気だ・・・
あばいてやる!あばいてやる!
イカサマをヲヲヲヲあぶぁいてぇやぁるゥゥゥーッ)

ジョジョ アニメ 第三部 第42話 スタプラの投球
(魂の意志は変化していない!依然『YES』だッ!
本気で投げる気だッ! きたァァ!
意志は依然『YES』!直球を投げたぞッ!)

ブオオンッ

「しかし落ちたァーーーッ フォークボールだッ!」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 フォークボール
「なにィーッ 違うコースだーーーッ!」

《アウトォォォ スリーアウトチェンジィィィ!》

「わ わわ わ」
(わからないィィィィィィ
イカサマがわからないいいいいい
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「わからないィィィィィィ」
承太郎の『魂』は最後の最後まで
魂はストレートを投げたという意志だったッ!
それなのに変化したッ!・・・・・・・なぜなんだ!!
なぜなんだよぉぉぉぉぉぉぉ)

ビシイーーーッ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「やっつけてやるぜ」
「やっつけてやるぜ・・・ダービー」

「やかましいーッ こ・・・この学帽を脱いだことが怪しいッ!
そ・・・その学帽を脱いだ時からイカサマを始めたッ!
どけッ!きさまの座席とコントローラーを調べさせてもらうッ!」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 イカサマを調べるテレンス

言われるまま席を立ち、ダービーに弾き飛ばされた学帽を拾って被りなおす承太郎

「くっ・・・くっそお~~ わ・・・わからんが・・・
その学帽がイカサマの正体だッ!そうだろおーーーッ?
うわはははははははーッ」

NO!NO!NO!NO!

「イカサマをしているのはこの辺だなッ!」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「イカサマをしているのはこの辺だなッ!」

NO!NO!NO!NO!NO!

「スタープラチナをイカサマに使っているなーーッ」

NO!NO!NO!NO!

「しこんだろォーッ承太郎ーーッ」

YES!YES!YES!YES!YES!YES!

(あっちくしょお~~~っ うううううああオレは!
オレは相手の心が読めるんだ!オレは承太郎の心が読めるんだぞ~~~
しかしなんで読みと違うボールがくるんだァ~~~)
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ちくしょお~

「なんか・・・こいつ・・・
年とったように見えるぞ・・・
とても20代の若者には見えん」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 テレンスを見て可哀想になってきたジョセフ
「ダービー おまえの投球の番だぜ 早く投げろよ・・・」

「ブツブツ ブツ ブツブツ 4対・・・3
1点ぐらいすぐに逆転してやる」

ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「ゲームの達人は人生の達人だ」
(オレはゲームの天才だ・・・負けるハズがない
オレはゲームの天才だ・・・負けるハズがない・・・
精神力だって!百戦錬磨の無敵だッ!!ゲームの達人は人生の達人だ・・・
これしきでダメージを受けてたまるか・・・)

 

いや、もうすでに・・・

相当なダメージ受けてますよね?ヾ(´▽`;)

 

自分を奮い立たせて投球するダービーだが・・・

 

カッキイィーーーン
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ホームラン

《入ったーッ ホームラン!
ジャガーズ5点め!5対3!》

ジョジョ アニメ 第三部 第42話 呆然とするテレンス

弟、茫然自失・・・(;´∀`)

 

そして、その拍子に・・・

ドヒュン!
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 開放される花京院の魂

「はっ!」

「ムッ!」

「しっ しまったァーーーッ
うっかり魂をはなしてしまったーーーッ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 うっかりするテレンス

「花京院の魂がッ!花京院の意識がっ!もどったッ!」

「ちっ・・・ちがうッ!ちがうぞッ!
おれは負けを認めてはいないッ!うっかりだッ!
うっかり魂をはなしてしまったんだッ!」

「魂が解放されたということは
おめーの『心』が・・・負けを認めたということだぜ」

 

そんなダービーがふと承太郎のコントローラーをみると・・・

「えッ!?」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「えッ!?」
!! コ・・・
コントローラーにジョセフのスタンドが・・・のびている」

 お・・・おっと・・・しまった・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「おっと・・・しまった・・・」

「こ・・・こんなくだらねーこと!イ・・・イカサマというのはッ!
コントローラーを ちくしょう・・・操作していたのは・・・
承太郎ではなく おまえかッ!ジョセフ・ジョースター
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 承太郎&ジョセフのYES! YES! YES! YES!
YES!YES!YES!YES!

「そうダービー おまえの兄貴なら
こんなイカサマなんなく見破っていただろうな・・・」

ドーーーン
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 テレンス 大ショック!

遠回しに兄貴以下と言われて・・・ダブルショックな弟くんヾ(´▽`;)

 

「ところで じじい・・・おれのアイデアが
なんの合図もなしに通じてくれてうれしかったぜ」

「おまえの考えぐらいすぐに読めるわい!
わしの孫じゃもんな ニヒヒ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「しっかりしろ花京院」
「しっかりしろ花京院・・・?」

「く くそお~ う 後ろから・・・」

「さてと!あとはこいつの始末だけだな」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 凄む二人
ドギィ!

「ゆ・・・ゆるしてくれ!花京院の魂だってもどしただろっ!
これで元に戻ったじゃあねーか!ゆるして ねっねっねっ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 土下座するテレンス
「ゆるすかゆるさねえか
心の中を読んでみりゃあいいじゃあねーか」

NO!NO!NO!NO!NO!

「ひィえ~~~っ」

「質問だ・・・
右の拳で殴るか?左の拳で殴るか?
あててみな」

「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「ひと思いに右で」

NO!NO!NO!NO!NO!
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「ひ・・・左?」
「ひ・・・左?」

NO!NO!NO!NO!NO!
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「りょうほーですかあああ~」
「り・・・りょうほーですかあああ~」

YES!YES!YES!YES!・・・
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 YES! YES! YES! YES!・・・

Y E S !
ジョジョ アニメ 第三部 第42話  YES!

「もしかしてオラオラですかーッ!?」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「もしかしてオラオラですかーッ!?」

「YES!YES!YES!
”OH MY GOD”」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「OH MY GOD」

「オラララオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 オラオララッシュ

ドーン
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 テレンス・T・ダービー リタイヤ
《テレンス・T・ダービー 再起不能(リタイヤ)》

「ブギャーッ」

 

オラオララッシュで吹っ飛ばされたテレンス・T・ダービーは・・・

ボッゴォーーーン
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ぶち抜かれた壁
「おお~っと 壁かなにかをブチぬいたようじゃぞ・・・
あそこから出るぞッ!承太郎ッ!花京院ッ!」

「やれやれだぜ」

そして場面は変わって・・・

 

 

 

「お休み中失礼いたします
ご存知だと思いますが・・・10分ほど前
ジョースターたちがこの館へ侵入いたしました」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 報告するヴァニラ・アイス
「さらに・・・ダービーが敗北したことをご報告いたします」

「ダービーは・・・天才だった・・・
勝てる実力を持っていながらなぜ負けたと思うね?
中へ入れ ヴァニラ・アイス」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ヴァニラ・アイス登場

ヴァニラ・アイス キターーーーッ!( ゚∀゚)ノ

 

「失礼いたします」

「ジョースターたちは・・・自分の娘あるいは・・・母親の命を救うために
自分らの命を捨ててもいいと心の奥底から思っており 花京院や他の二人・・・
ええと・・・そう・・・アヴドゥルやポルナレフにおいてさえ
このDIOを倒すために自らの命をひきかえにしてもいいと思っている」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 DIO登場
「このDIOから逃げることは
自分の人生から逃げることだと思い込んでいるのだな・・・
バカげたことだが・・・」

「・・・・・・・・・・」

「しかし そのバカげたことがけっこう重要なのだな
ダービーのヤツは忠誠を誓うといっておきながら
このDIOのために死んでもいいという覚悟ができていなかった・・・
だからあとほんのチョットという所で勝利がつかめない・・・
ダービーには負けた理由が永久にわからんのだ・・・」

 

話し終え、ふいに自分の後ろ髪をかきあげるDIO

 

「アイス わたしの首のキズを見ろ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 首のキズを見せるDIO
「たぶんあとひとりの生き血を吸えば
このなじまなかったジョナサン・ジョースターの肉体も
すっかり我が物となりキズも完全に治ゆする
アイス おまえの生き血をわたしにくれるか?」

「はい・・・喜んで・・・」

スゥオォォオ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 クリーム
「お受けとりください!」

ド ン
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 首をはねるヴァニラ・アイス
ドク!ドグ!ドク!ドク!ドク!ドグ!

「自ら首をはねるとは・・・うれしいぞ・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ヴァニラに近づくDIO
「しかしヴァニラ・アイス
おまえほどの者の生き血は受けとれんな・・・
誰か他のヤツのでわたしのキズは完治させるとするよ」

 

てか・・・

「生き血くれ」って言ったから首はねたヴァニラさんの気持ちは空回りですか?ヾ(´▽`;)

まぁDIO様も、まさか首はねるとは思わんかったかもしれんけどw

 

「死ぬ必要はない・・・わたしの血で甦るがいい・・・」

自らの手首を切り、ヴァニラ・アイスにかけるDIO

ボタボタボタボタボタ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 DIOの血を浴びるヴァニラ・アイス
「おまえなら まちがいなく勝てるだろう」

「・・・・・・・・・・DIO・・・様」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 蘇ったヴァニラ・アイス
「やはり肉体は自分のが一番だな・・・
あっというまになじむ・・・
ヤツらはまかせたぞ ヴァニラ・アイスよ」

「DIO・・・様 あなたの期待は 満たされるでしょう・・・
必ずや仕留めて・・・ごらんに・・・いれます」

そういうと、自分のスタンドに自らを食わせるヴァニラ・アイス!

ガパァーッ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 クリームに食われるヴァニラ・アイス
ズボォーッ

そして今度は自分を食い始める!

バギッバギギバギ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 自分を食うクリーム
「グオァアアアアアア」

ブシュ!ブシュ!ブシュ!
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ブシュ!ブシュ!ブシュ!

自らを全て食ってしまい、とうとう姿が見えなくなるヴァニラ・アイスのスタンド!

そして・・・

ガオン!
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ガオン!

「ドアぐらい開けて出ていけ・・・
この世界の空間から姿を全く消すスタンドよ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 あきれるDIO

ちょっとDIO様あきれぎみ?(;´∀`)

 

そして場面は変わって・・・

 

 

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

「すでに10分たった
館の中へ突入するぞ ポルナレフ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ポルナレフ&アヴドゥル
「ああ・・・」

「ポルナレフ 突入する前にひとつだけ言っておきたい
わたしはもしこの館の中でお前が行方不明になったり負傷しても
助けないつもりでいる・・・」

「・・・・・・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 振り返るポルナレフ

「イギー おまえもだ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 振り返るイギー

「冷酷な発想だが我々はDIOを倒すためにこの旅をしてきた・・・
おまえたちの方ももし わたしがやられたり・・・おまえたちとはぐれても・・・
私を助けないことを約束しろ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 アヴドゥルの覚悟
「自分の安全を第一に考えるのだ・・・
ひとりを助けようとして全滅してしまうのはさけなくてならない」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

「ああわかったぜ・・・アヴドゥル」

ガシィッ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 握手を交わすポルナレフとアヴドゥル

「生きて出てこれたら豪勢な夕飯をおごれよ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「生きて出てこられたら豪勢な夕飯をおごれよ」
「イギーにもな」

「よし 入るぜッ!アヴドゥル!イギーッ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 館へ突入!
「シルバーチャリオッツ!!」

チャリオッツで警戒しながら先へ進むポルナレフ

「おいアヴドゥル どうする?延々続いて見えるぜ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 迷宮化した館

「うむ ジョースターさんは館に火を放てといったが・・・
こんな遠大な迷路では火を放つのはこっちが危険だ・・・
それより 『マジシャンズレッド』!
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 マジシャンズレッド
ユラユラユラユラ

「この炎は生物探知機だ・・・
人間 動物の呼吸や皮膚呼吸・・・物体の動く気配を感じとる・・・
『スタンド』のエネルギーの動きもわかる・・・これを見て迷路を進もう」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 炎の生物探知機

「なぜ炎が6つかたまっている?」

「それぞれが前後・左右・上下の方向を示す
半径15m以内にいるものなら どの方向に
どんな大きさの物が隠れているかわかる!」

 

マジ赤・・・超便利!ヽ(´ー`)ノ

 

「ジョースターさんたちは地下へ向かって連れ去られた・・・
下へ向かおう」

 

ボボボッ!

炎が急に激しく燃え出す!!

 

「!」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 炎に反応
「早くも炎に反応だ 左前方になにかいる!」

「なに! !!

クン! クン!クン!
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 臭いで気付くイギー

「ザ・フール」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「ザ・フール」

ドガッ!
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ザ・フールの攻撃

「あっ!」

「!」

「うっぎゃあーッ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ケニーG

「おいおい!な なんだ この男は?」

「は!まわりを見てみろ ポルナレフ」

「ああっ!この館の迷路がッ!消えている!」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 幻覚が消えた館
「どうやらこの幻覚を作っていたスタンド使いだったらしいな・・・
あっという間だがイギーがやっつけたぞ」

 

イギーお手柄♪(*´∀`)

 

《男の名はケニーG
戦いもせず再起不能(リタイヤ)》

ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ケニーG リタイヤ

「これでこの館の間どりも普通に戻ったわけだ
炎には今・・・生物反応なし」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 落書きに気付いたアヴドゥル
「!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ジョジョ アニメ 第三部 第42話 落書きをみるアヴドゥル

壁の落書きに気付いたアヴドゥルが指をズラしてみたそこには・・・

ジョジョ アニメ 第三部 第42話 死ぬ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

(炎には異常なし イギーの鼻にもなにも におっていないようだ)
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 炎にもイギーにも異常なし

しかし振り返るとそこには・・・

クォォォオ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 突然現れたヴァニラ・アイス

(い・・・いったいなんだこいつは~~~ッ!
バカ・・・な イギーの鼻にも
わたしの炎にも反応していないのにいきなりあらわれた!!)
「ポルナレフッ!!イギーッ!危ないッ!」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「ポルナレフッ!!イギーッ!危ないッ!」

ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「?」

バギャッ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ポルナレフとイギーをふっとばすアヴドゥル
「!!」





ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「ガオン!」

ズドドーーーン
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 吹っ飛ばされたポルナレフとイギー

「うぐぐぐっ 
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ポルナレフとイギー
「お・・・おいアヴドゥル!どこだ?な・・・なんだ今のはいったい?」

シューッ シューッ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 残されたアヴドゥルの腕
シューシュー シューシュー

「な・・・なんだ こ・・・この腕は・・・
お・・・おい!アヴドゥル どこへ行った!?」

「ハアハアーッ
ハアハアーッ
ハアハアーッ」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 憔悴するイギー

「アヴドゥル・・・おい!どこへ行ったッ!?
アヴドゥルッ!」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「アヴドゥルゥゥゥーッッ!」
「アヴドゥルゥゥゥーッッ!」

 

ズオオオォオ グゴォオーッ
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 驚愕するポルナレフ
「な・・・なんだこいつは?どこからあらわれたんだ?
なぜアヴドゥルの炎の探知機にひっかからなかったんだ?
なぜイギーの鼻に臭わなかったんだ?」

「ハァーーー ハァーーー
ハァーーー ハァーーー」

あのプライドの高いイギーでさえガタガタ震えている!!

 

「どこだァーーアヴドゥルーッ どこへ行ったんだァーッ」

 

「アヴドゥルは・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「こなみじんになって死んだ」
「こなみじんになって死んだ
わたしの口の中はどこに通じているのか
自分でも知らぬが暗黒の空間になっている・・・
吹っ飛ばしてやったのだ 次はおまえらだ・・・
DIO様を倒そうなどと思いあがった考えは・・・
正さねばならんからな・・・」

そういうと、残ったアヴドゥルの腕までも食ってしまうヴァニラ・アイスのスタンド!!

 

ジョジョ アニメ 第三部 第42話 目を見開くポルナレフ

 

「ひとりひとり 順番に順番に」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 ヴァニラ・アイス
「このヴァニラ・アイスの暗黒空間にバラまいてやる」

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

 

「うそだ・・・アヴドゥルを・・・殺したなどと・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 「ウソをつくなああああああーーーーッ!!」
「ウソをつくなああああああーーーーッ!!」

 

怒りに燃えるポルナレフは、果たしてどう立ち向かっていくのか!!

次回へ続くッ!!

 

スターダストクルセイダース 第42話 感想

いつも結構・・・ギャグとシリアスとの緩急が激しいジョジョですが、今回はその中でももっとも前半と後半のギャップが激しかったんではないでしょうか?

前半はダービー弟との対決完結編で、自称天才のかなりの強敵っぽかったハズのダービー弟が、どんどんヘタレになっていくのがかなり笑えましたね!
このへんの流れって・・・ハンサムさんとかダンとかカメオもそうでしたが、第三部の鉄板ですしね!(・∀・)

にしても・・・テレンス役の諏訪部順一さんの、あの

追い詰められた途端に一気に溢れだす小物臭

の演技はかなりステキでした!ww

あの承太郎&ジョセフのイカサマってば・・・ちょっと勘の良い人なら

「あれ?なんか急に・・・ジョセフ大人しくなったな?」

って気付けると思うんですけどね~(´ε` )
残念ながら、自分の能力に過信しすぎてたダービー弟は全く気づかんかったけどww

ホント、承太郎が言うとおり・・・お兄ちゃんならそれぐらいすぐ気付けたんでしょうね!(・∀・)

 

そしてッ!!今回はとにかくもう後半のヴァニラ・アイス戦!!

管理人は・・・アヴドゥルが「ガオン!」されちゃうの、原作ですでに知ってたにもかかわらずアニメであらためて観て泣いちゃいましたよ(TдT)
このシーンは緊張感を高めるBGMも見事で、アニメスタッフにGJです!( ・`ω・´)

アヴドゥルが突然居なくなって・・・「敵にヤラれてしまったのでは?」てのがある意味分かってはいるけど、それを信じたくないあまりに必死に名前を呼ぶポルナレフがメチャクチャ切ないですよね。。。(´・ω・`)

「ウソをつくなああああああーーーーッ!!」

に「YES!YES!YES!YES!」と答えて欲しかった。。。(TдT)

 

にしてもアヴさん・・・ケニーGと同じく

戦いもせずにリタイヤ!

って残念すぎる!!(TдT)

考えてみれば、ヴァニラ・アイス相手に一番有効に戦えそうなのって・・・マジシャンズレッドですよね?
炎で広範囲に全方向攻撃できるし。にもかかわらずの瞬殺!!(゚д゚)!
相変わらず・・・戦いの相性の良いハズのキャラが真っ先にヤラれてしまうってのが、まぁジョジョっぽいっちゃジョジョっぽいトコロではありますけど。。。ヾ(´▽`;)

 

そんなヴァニラ・アイスの声を演じるのは速水奨さん
ボスキャラ級に、この上なく強敵っぽくて良い感じ!さすがはベテラン声優さんですね!ヽ(´ー`)ノ

ちょっと前からのウルジャンCMでのプッチ神父の声がASBでおなじみ(?)の速水奨さんから変わってたのは・・・こういうウラがあったんですね!
てかさ、この方って・・・兵庫県の高砂市出身だったんですね!なんか・・・一気に親近感がww

あのエエ声で関西弁とかって・・・反則やろ!ww

 

って事で、今回のスタンドチャート!
ジョジョ アニメ 第三部 第42話 スタンドチャート クリーム
???

スタンド名は「???」ですが、コレって原作でも名前は出てこなくて後付の設定なんですよね~(^_^;)
果たしてアニメでは名前公表されるんでしょうか??

にしても、歴代スタンドの中でも最強の部類に入るであろうこのスタンド!!
単純な攻撃力は勿論、空間移動ってことで防御もほぼ完璧!!(゚д゚)!

こんな強敵に、果たしてポルナレフとイギーはどう立ち向かっていくのかッ!?

 

原作未見の方にはほぼ「絶望感しかねぇ!!」って感じなんじゃないですかね?(;´∀`)

すでに原作で結果を知ってる人にとっちゃ・・・

 

次回、大号泣 不可避!!(TдT)

 

もちろん・・・管理人もハンカチ用意して観るつもりです(苦笑)

ってことで、次回いろんな意味で楽しみですね!

 


Sponsored Link

君の意見を聞こうッ!

  1. kiramaru より:

    あーん、アヴ様が死んだ!
    うぅぅ あんまりだぁぁぁぁっ!。゚(゚´Д`゚)゚。
    アヴ様がガオンされる時おもわず「いかないでっ!」と叫んでしまいました。
    この後もさらに悲劇が…

    アヴ様
    強く、優しく、誰よりも熱いあなたが大好きです
    さよならなんて言いません
    ありがとう
    またいつか逢える日を待ってます

    ご冥福をお祈りします(T人T)

    1. カミカミ大王 より:

      >kiramaruさん
      いつもコメントありがとうございます(*´∀`)

      てか、「あーん、スト様が死んだ」みたいに言うから吹きましたよw
      その次の「あんまりだァァァ」もエシディシみたいですし(苦笑)

      にしても・・・「簡単すぎる!あっけなさすぎる!!」って感じですよね(´・ω・`)

      せっかくマジシャンズレッドの新しいワザをお披露目したばっかりなのに!w

      色んな意味で誰よりもアツイ男アヴドゥル・・・ココに眠る。。。(TдT)

  2. ポルポル より:

    俺はいつもそうだ……いなくなってから始めて気づくんだ……

    1. カミカミ大王 より:

      >ポルポルさん
      コメントありがとうございます。

      コレは・・・ポルナレフの名言の一つですね!
      アヴドゥル、イギーと立て続けに大事な仲間を失った(しかもふたりとも自分を守ってくれたがために)ポルナレフだからこその、重たく切ないセリフですよね(TдT)

      ジョジョ第三部はある意味、承太郎よりもポルナレフが主役だったと言っても言い過ぎじゃないかと個人的には思います。゚(゚´Д`゚)゚。

書けばよかろうなのだァァァァッ!!