ジョジョのアニメの感想を語るッ!

ジョジョ アニメ 第三部 第35話 『ダービー・ザ・ギャンブラー その2』 感想ッ!

DIOの館を探すジョセフ達一行は、休憩のため立ち寄ったカフェで

「その写真の館を知っている」

という謎の男に出会う。

男はギャンブラーで、自分との勝負に勝てばタダで教えると言う。
苛立ったポルナレフが賭けに挑戦するが敗北、なんと魂を奪われてしまう!

この男こそ、DIOからの新たなる刺客

オシリス神のダニエル・J・ダービー

だったのだ!!

ポルナレフを救うため、次は知略には自信のあるジョセフがギャンブルで勝負!
しかし、あえなく敗北しまたもや魂を奪われてしまう。

ポルナレフとジョセフの魂を取り戻すため、次に勝負に名乗りでた承太郎。
果たして承太郎はこの強敵にどう立ち向かうのか?

 

ってな感じで前半戦が終了し、今回はいよいよ後半戦!!

ジョジョ アニメ 第三部 第35話のレビュー

それでは・・・いってみよ!( ゚∀゚)ノ


Sponsored Link

ジョジョ アニメ第三部 第35話 レビューッ!

スターダストクルセイダース 第35話 『ダービー・ザ・ギャンブラー その2』 あらすじ

今回はオープニングなしにイキナリ本編へ!

 

テーブルに向かい合って座る承太郎とダービー

 

「ゲームに入る前にちょっと試したいことがある
そのカードをシャッフルしてみな」

「・・・・・・・・フン!」

シャシャ!
シャ!シャシャ!
シャシャ!シャ!

ジョジョ アニメ 第三部 第35話 シャッフルするダービー
バシャアァァアッ

「シャッフルしたが・・・何をしようというのだね?」

「上から何番目でもいい・・・
自分の好きな所のカードをめくってみな
見るのは自分だけだ」

 

言われるまま適当にカードをめくるダービー

ダービーがカードを見たのを確認すると、おもむろに承太郎が言う

 

「当ててみよう」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ハートの6
「ハートの6」

「・・・・・・・」

「カードの上から順番に言うぞ
スペードの5、ダイヤのクイーン、
スペードのジャック、ハートのエース、ダイヤの7、
クラブの6、クラブのキング、ダイヤの2」

 

言われてカードを広げるダービー

ジョジョ アニメ 第三部 第35話 カードを広げるダービー
ズラアァァァア

あっ
当たっているッ!カードをまぜたのはダービーなのにッ!
承太郎!どうやって!?」

「カードは一番上から下まで全部言える・・・
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 カードを見るスタープラチナ
おれの『スタープラチナ』の目が
シャッフルする瞬間のカードのならびを
全部見ることができたからだ・・・」

 

てかむしろ・・・

それを全部一瞬でシッカリ覚えきれる承太郎の記憶力のがスゴイんじゃね?ヾ(´▽`;)

 

「なかなかおもしろいな・・・
だがそんなのはカードを切る時に見えないように
気をつければいいだけのこと・・・」

「わからんのか?」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 凄む承太郎
「これからおまえがイカサマするのが容易じゃなくなったってことよ
それを断っておきたくてな」

「・・・・・・・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ダービー 「グッド」
「グッド」

 

《SECURITY SEAL
製造元の品質保証シール

ジョジョ アニメ 第三部 第35話 セキュリティーシールのトランプ
このシールがやぶられてないということは
カードにさわった者はだれもいないという事である》

 

「ジョーカーは一枚・・・カードに異常はないようだ
ごく普通のカードだ」

 

トランプをチェックする承太郎

そして、その様子を見つつ・・・

 

パラパラパラパラ
パララパラララララ

ジョジョ アニメ 第三部 第35話 手だけでページを当てるダービー
ピタッ

(ページ数は・・・538・・・540・・・
いや・・・556ページ)
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 556ページ
(ニヤリ!今日も絶好調だ・・・
触れているだけで上から何ページ目かわかる・・・
承太郎のスタープラチナはたしかに目はいいかもしれない・・・
しかしこのダービーは指で覚える事ができる!
シャッフルしても何番目にどのカードが行くかわかるのだ!)

 

って・・・

ダービーの能力凄すぎるやろ!!(゚д゚)!

それとも・・・一流のギャンブラーってみんなコレぐらい普通に出来るん?(;´∀`)

 

「OK!」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 OPEN THE GAME
「OPEN THE GAME!」

 

お互いにまずはカードをめくり・・・

 

「ディーラーはわたしだな
フフフフ・・・『スタープラチナ』に見えない角度でシャッフルしないとな」

シャ シャシャシャシャ
シャシャッ シャ!シャシャ!
トン!

「カットをどうぞ」

「・・・・・・」

パッ トン! パッ!

ダービーがシャッフルしたカードの束を
半分ほどの所で切り、下を上へと混ぜなおす承太郎

「ではディールしよう」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 カードを配るダービー
シュッ!

「承太郎へ」

ピ!

「わたし」

シュッ!

「承太郎へ」

ピ!

「わたし」

スッ

「承・・・」

承太郎と自分、交互にカードを配るダービーにイキナリ!!

バキッ
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 指を折られるダービー
「ゲェェーッ ?」

「あっ」

「ぐうあああああああああああ~~~」

ドドドドドドド

「なっなんだ!?どうしたんだ!?承太郎!?
指をッ!?スタープラチナがいきなり
ダービーの指をへし折ったぞッ!」

「言ったはずだ
これからのイカサマは見のがさねえとな」

え!?イカサマだって!?どこで!?普通にくばっていたぞッ!?
怪しい動きはまったくしていないのに!」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 イカサマに気付いた承太郎
「いいや!
ヤツの左手に持ってるカードをよーく見てみな」

「!」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 セカンドディール
「この2番目から出ているカードは・・・
今おれにくばろうとしていたカードだ
上から一枚ずつ順番にくばるように見せていて
実は上から『2番目』のカードをくばろうとしたのだ
つまり 一番上のカードは自分のところにくる」

 

そう言ってダービーの手札を確認すると・・・

パシッ

 

「一番上のカードで
10のスリーカードが出きているじゃあねーか」

 

《このテクニックをセカンド・ディールという
カードは上から順にくばるものという心理的盲点をついて
実は2番目のカードをくばる高等テクニックだ
熟練者によるなめらかな指の動きでくばられると
人間の目ではセカンド・ディールをとらえる事は不可能
しかもこの男ダービーは
どのカードがどこにあるか記憶できるのだ》

 

「ひ ひどいやつだッ・・・
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 指を折られたダービー
指を折るなんて・・・!」

「いいや慈悲深いぜ
指を切断しなかっただけな・・・」

 

ズカッ

カードをテーブルに突き立てて言い放つ承太郎

 

「やれやれ・・・もうおまえにカードを切らせるわけにはいかねえな
ディーラーは無関係の者にやってもらおう」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 丘の上の少年
アヴドゥル・・・
あそこの丘の上にいる少年にやってもらおうか
連れてきてくれ」

「・・・・・・・・・グッド」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ダービー 「この指はその罰として受け入れよう」
「さすがだ・・・イカサマは心理的盲点をつくこと・・・
目がいいだけではイカサマとはわからない・・・

おれのセカンド・ディールを見やぶるとは みくびっていたようだ
どんな相手だろうと
なめてかかってはいけないという教訓として反省することにしよう・・・

この指はその罰として受け入れよう」

 

あらためて承太郎の強さを再確認したダービー

 

「全身全霊をそそいで
おまえとのゲームにいどむとするよ承太郎・・・」

 

ドッヒャアアアアァ

 

「わたしはDIO様のために闘いに来たのではないッ!」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ダービー ギャンブラーの誇り
「生まれついての『賭け師(ギャンブラー)』だから闘いに来たのだッ!」

「!?」

「なっ 何をする気だ!?
ポルナレフとジョースターさんの魂をッ!」

 

ズババババ
ズオッ バラララララ

ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ポルナレフとジョセフの魂
ドオーーーーン

「『魂』をそれぞれ6個のチップに分けた・・・!
『ポーカー』とは自分のカードが相手に負けるかもしれないと判断したら
ゲームを降りてもいい賭けだ・・・・・・
つまり一回ごとに参加料を払うからチップが2枚では勝負にならないのだ・・・

チップを6個とり戻してはじめて『魂』をひとつとり戻すことにする!
いいね・・・

さて!承太郎
賭けをするなら君の方にもチップを渡したいと思うが
まだ例の言葉を聞いてなかったな」

「・・・・・・・・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 承太郎 「魂を賭けるぜ」
「いいだろう・・・
おれの『魂』を賭けるぜ」

「グッド!」

「!・・・じょ・・・承太郎」

 

ドォーン
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 白いチップ
「その雪のようにまっ白のチップがおまえの魂の象徴だ・・・
それを6個わたしが取った時おまえの『魂』はなくなる」

「参加料にポルナレフを一個払う フフフ」

『ポーカー』!
くばられた5枚のカードを一度だけ交換して
相手よりいい役をそろえようとするゲーム》

ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ポーカー対決
《しかしゲームに『賭け』の魅力が加わると
一変して複雑な心理戦が始まるゲームでもある!
ポーカーフェイスとは相手に気持ちを読まれないための表情なのだ!!》

「さてわたしは
2枚チェンジしよう
承太郎 おまえのその白いチップはたった6個で
おまえの『魂』だ
よおーく思案して勝負にきてくれよ」

「? ? ?」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 怯える子供
「ぼうや 君は何もわからなくていいのだ
心配はない 普通に切って普通にくばってくれればいいのだよ・・・」

「ウ・・・ウン」

「3枚チェンジ」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ダービーを睨む承太郎

「こわいこわい・・・その表情
なんかいい手がそろったんじゃあないのかな
ここは様子見でポルナレフを1個だけ賭けようか?」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ポルナレフのチップ
「・・・・・・コール」

(降りなければワンゲーム最低3コ必要なのか・・・)
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ポーカーを見守るアヴドゥル

「よし!勝負だ!承太郎」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 「8と9の2ペア」
「8と9の2ペア」

 

承太郎の手はマズくはなかったのだが・・・

 

「悪いな・・・2ペア JとQ」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 「JとQの2ペア」

 

同じ2ペアだったが、ダービーのほうがカードが強い!

 

「ああ・・・」

「あぶないあぶない・・・
もうちょっとで負けるところだったよ」

「・・・・・・」

「フフフフ」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 嬉しそうなダービー
ズアアアァ

(の・・・残り3個・・・)
「じょ・・・承太郎!」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 NEXT GAME
「NEXT GAMEだ くばってくれ」

「・・・・・・・・・」

 

シュ!シュ! シュ!シュ!

 

「ネクスト・ゲームではなくて
ひょっとするとこのゲームがラストゲームかもな」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 「Kのスリーカード」
「・・・・・・・・・一枚チェンジだ」

勝ちを確信し内心ほくそ笑むダービーに対し、承太郎は配られたカードをテーブルから取ろうともしない・・・??

「どうした?承太郎
早くそのカードを見てチェンジするか降りるか決断してほしいな」

「・・・・・・・・・
カードは・・・・・・・・・
このままでいい」

「え!?」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 「え!?」

「えと・・・その 今 なんて言ったのかね?
聞きまちがいかな?『このままでいい』と言ったように聞こえたが・・・」

「言葉どおりだ このままでいい・・・
この5枚のカードで勝負する」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 呆れて怒るダービー
「わかっているッ!
わたしが聞いているのは
おまえはそのカードを見てもいないだろうということだ!」

「・・・・・・このままでいい」

「? ?」

「ふざけるなよ!答えろ!
おまえはその伏せてあるカードをめくってもいないのに
なぜ勝負できる!?」

 

声を荒らげるダービーに構わず、承太郎はアブドゥルに言う

 

「ところでアヴドゥル 頼みがある」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 アヴドゥル「??」
「頼み?ああそれはわかっているが
な・・・なぜカードを見ないのだ承太郎?」

 

そんなやりとりを見てイラつくダービー

 

「答えろと言っているのだ!承太郎!」

 

しかし、なおもダービーを無視して承太郎はあろうことか・・・

 

「残り3個に加えて
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 「アヴドゥルの魂を全部賭ける」
アヴドゥルの・・・『魂』を全部賭ける!」

 

ドオォオン

 

「なっ!!!・・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 驚くダービー
「何ィ~~~・・・・」

「ダービー・・・君はクールな男だ 実に計算された行動をとる
力は使わないが真に強い男だ・・・わたしは賭け事向きの性格をしていない・・・
けっこう熱くなるタイプだからな 勝負すれば わたしは負けるだろう

しかし この承太郎を信じている・・・
この伏せてあるカードにどういう意味があるのかは知らないが
承太郎に賭けてくれと頼まれれば信じて賭けよう・・・
わたしの『魂』だろうと何だろうと」

 

アヴさん・・・オットコ前やな~(*´Д`)

 

「こいつはまあ・・・2人ともあまりの緊張感で
頭がおかしくなったようだな」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 急かすダービー
「小僧ッ!1枚チェンジと言ったろう!早くよこせッ!」

「は!は・・・はい」

 

チェンジしたダービーの手札には・・・キングが4枚揃ってる!!(゚д゚)!

 

(・・・・・・・・ダービーさん
あなたの言いつけどおりくばりました・・・
この日本人のお兄さんにはなにもそろってないブタのカードをくばりました
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 イカサマする子供
ぼくの腕は絶対です あなたの勝ちです
まちがいありません)

 

なんと無関係に思えた子供もグル!!(゚д゚)!

 

てか・・・

バレない演技力といいイカサマ仕込む腕といい、なにげにこの子供がスゴイわ!ww

 

(承太郎は無関係のこの少年を自分で選んだつもりだが
実はこの店のみならず視界にいる全員がこのダービーの仲間だ・・・
バーテンも!あの男たちも!誰にくばらせてもまちがいない!
指示どおり承太郎のカードはブタのカードだ!!)

 

大掛かりなイカサマやな!ヾ(´▽`;)

 

(カードを見もしないという
大胆で普通は考えつかない行動だったので一瞬アセったぞ・・・
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ダービー 「ハッタリだ!」
ハッタリだ!このわたしにハッタリなぞかけやがって・・・
降りるとでも思っているのかこのマヌケが・・・)
「フン いいだろう?
3個に加えてポルナレフの6個でコールだ・・・
しかしさらに!」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 レイズするダービー
「ジョースターの6個をレイズする!全部で計15枚!」

えっ!
な・・・なんだとお~~~~
おい ちょっと待て!もう承太郎には賭けるチップがないんだぞ!」

「・・・・・・・・・」

「ないだって?あるじゃあないか?」

「なんのことだ?」

「ま・・・ちょっとした証明のために一筆かいてくれればいいのさ
それで私のスタンドは動くことができる」

「だからなんのことだと言っているんだ!!」

 

思わせぶりなダービーの言葉にアツくなるアヴドゥル

 

「入院している花京院の『魂』があるじゃあないか!」

「何!・・・・・」

(さあ!ビビるぞ どんどん自信を失うぞ!
その冷静な態度がくずれていくのが見える!)
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ダービー 「ゲドゲドの恐怖面に」
(このダービーにハッタリなどかましやがって
そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから
敗北させなきゃあ気がすまん!)

 

「ゲドゲドの~」・・・

名台詞キタ!!( ゚∀゚)ノ

 

プライドを気付けられたダービーは承太郎を追い込むために強気に出るが・・・

 

「いいだろう 花京院の『魂』も賭けよう」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 「いいだろう 花京院の魂も賭けよう」
ドン!

 

「!」

 

予想外に乗ってきた承太郎に唖然とするダービー

 

「じょ・・・承太郎!こ・・・この場にいない男の『魂』だぞ!」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 タバコに火をつける承太郎
「勝手すぎるかな・・・」

 

てか・・・

この規制は酷すぎる!!(TдT)

顔ほぼ分からんやん・・・

 

シボッ

 

一瞬で承太郎のくわえるタバコに火がつく!

 

「おい承太郎!今 何をしたんだ!?」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 承太郎のタバコに焦るダービー
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何をしたって・・・・なんのことかな・・・」

「いま たば・・・・・・うう!う・・・」

「どうかしたのか?気分でも悪いのか・・・」

(こ・・・こいつ
い・・・いつの間にタバコを!
い いま一瞬スタープラチナが見えて 火をつけたような・・・)
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 カードのすり替えを疑うダービー
「こ・・・この自信ッ!!こいつまさかッ!
わたしの気づかぬ瞬間に『スタープラチナ』でカードのスリ変えをッ!」

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

 

ジョジョ アニメ 第三部 第35話 魂をかける証明書

 

なんか・・・見かけに反して可愛い丸っこい字ぃ書くんやね、承太郎さんってば(*´∀`)

しかもちゃんとフリガナふってあげてるしw

 

こういうのとかお仕置きノートつけたりとか・・・実は意外に几帳面な承太郎w

 

しかし、承太郎のあまりの強気な言動に、ダービーだけでなく・・・イカサマを仕込んだハズの少年も不安になってくる。。。

 

(バ・・・バカヤロウッ!このガキ!
わたしに心配そうなまなざしを送るんじゃあないッ!)
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 心配そうに見る少年
(もしおまえがわたしの仲間だって承太郎にバレたら
ブチ殺すぞッ!トンチキがッ!!!)

 

「トンチキ!」ww

ハイ、名言(?)キマシタ!( ゚∀゚)ノ

 

心配になって自分の手札を確認するダービー

 

(わたしのカードはKの4カードとスペードの5・・・)
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 Kの4カードに勝てるのは・・・
(このキングのフォア・カードより強い手は・・・
Aのフォア・カードとストレートフラッシュ そして
ジョーカーを1枚含んだファイブ・カードしかないぞ・・・

承太郎にはブタのカードをくばったから
札を見もしない承太郎はすり変えによって
これらの手をそろえるとすれば5枚とも全部すり変えねばならない!

いくらスタープラチナがとてつもなく素早い動きができるとしても
一枚ならともかく5枚とも全部を・・・
このわたしにまったく気づかれずにすり変えられるだろうか?)
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 怒るダービー
ズバリ!
できるわけがないッ!
5枚全部をこの百戦錬磨のダービーの目にふれずに
スリ変えられるわけがないッ!

よお~~~~~し 承太郎!
勝負に出てやろうじゃないかッ!
タバコに火をつけるなどと無駄なハッタリをしおって・・・)
「! あっ」

 

見ると承太郎はいつの間にやらジュースを飲んでいる!!

 

「ゲーーーーッ
こ・・・こいつ!ジュースまでッ!
い・・・いつの間にッ!」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ジュースを飲む承太郎
「・・・・・・・・・」

「きっきさま!なめやがって いいだろうッ!
勝負だッ!わたしのカードはッ!・・・・・・」

「待ちな・・・おれの『レイズ』の権利がまだすんでないぜ・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 仰天するダービー
「えッ!?」

 

予想外の承太郎の言葉に、思わず声を上げるダービー

 

てかさ・・・
あれだけ規制されたタバコですが・・・

 

 

 

 

 

 

ジョジョ アニメ 第三部 第35話 承太郎のタバコ
ココのシーンでメッチャ普通に手に持ってますけど?ヾ(´▽`;)

コレは「吸ってない」から別にエエの?
基準がよく分からんな。。。┐(´д`)┌

 

「レレレ レレレ レレレレ
『レイズ』だとッ!もう賭けるものがな・・・」

 

ドォオォーン
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 レイズする承太郎
「『レイズ』するのはおれの母親の『魂』だ」

ジョジョ アニメ 第三部 第35話 叫ぶダービー
「なにィイーーーーッッ」

「母親だと!承太郎ッ!ホリィさんの魂をッ!」

「おれはお袋を助けるためにこのエジプトにきた
だからお袋は自分の魂を賭けられてもおれに文句はいわない!」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ホリィの魂を賭ける承太郎
「だがダービー・・・おまえにも
お袋の魂に見合ったものを掛けてもらうぜ」

 

承太郎の言葉に冷や汗をかき出すダービー

 

「それはッ!
てめーに DIOのスタンドの秘密をしゃべってもらう・・・」

 

ガタアアアン
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 取り乱すダービー
「ハアーハアーハアーハアーハアー」

 

取り乱して椅子から転げ落ちるダービー

 

(こ・・・こいつ知っている
この態度!DIOの秘密を知っているな!
し・・・しかし!しゃべればダービーの命はない
裏切り者は・・・殺されてしまう・・・というわけか・・・)

 

ダービーの尋常ではない焦り方に、その意味を察するアヴドゥル

 

「ハアーハアーハアー
ハアーハアーハアーハアー」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 顔面蒼白なダービー
ガタガタガタガタ

(承太郎・・・そこまでそのカードに自信があるということは
絶対勝てるということだな!そう思っていいんだな!?
そのカードは強いんだな!承太郎・・・)

「さあ!賭けるか!賭けないのか!ハッキリ言葉に出して言ってもらおうッ!」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 「ダービィー」
「ダービィー」

「うう うう ううっ うっ うっ うっ うううーっ」
(ヒイイイイイイイイ 言ってやるゥゥゥゥ
俺は最強のバクチ打ちだァァァァァ
受けてやるゥゥゥ コールしてやるゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ)
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 「コール!コール!コール!」
(コール!コール!コール!コール!コール!コール!
コール コール コール コール コール コール コール
コールと言うぞォォ~っ)
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 「コ・・・」
「コ・・・」

「・・・・・・・・・」

「うう・・・
コ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
う・・・・・・・・・・・・・・うう・・・」

「?」

「?」

(だ・・・だめだ・・・恐ろしい・・・
声が出ない・・・ビ・・・ビビっちまって)
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 気絶寸前のダービー
(こ・・・声が出ない・・・い・・・息がッ!
息が ヒッ ヒック ククク)

「・・・・・・?」

「!」

「・・・・・・・・・」

「こ・・・この男 し・・・白目をむいている・・・
ヒィィィィィィ 立ったまんま気を失っているゥゥゥ」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 燃え尽きたダービー

ボ~~~~ン
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 魂が解放されたジョセフとポルナレフ
「ああッ!ジョースターさんとポルナレフの魂が!
戻ってくるッ!助かったッ!」

「あまりの緊張で気を失ったな・・・
そして心の中でこいつは賭けを降りた!
負けを認めたから皆の魂が解放されたというわけか・・・」

 

気絶したダービーの手元に散らばるカードの手札は・・・

 

「き・・・キングの4カード!
こ・・・こいつの手はKの4カードだ・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ダービーの手札
「じょ・・・承太郎!おまえ自身の
この札はいったいなんなんだ!?」

 

ダービーのカードの強さに驚いたアヴドゥルが、承太郎のカードを確認するッ!

 

「!!・・・・・・~~~」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 「ヨロ・・・」

「や・・・やっぱり
くばられていたのはッ!ブタだァ~~~~ッ」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ブタのカード
バァ~~~~~ッ

「いくらスタープラチナでもダービーほどの男の目を盗んでイカサマは不可能だ
ビビらせて降ろす作戦は成功したようだがブタだったとは・・・
やれやれ もし知っていたらゾッとしたぜ」

「・・・ゾ・・・ゾッとしただと?
承太郎きさま・・・ブタのカードにあそこまで賭けたのか・・・
・・・ウグッウグッ」

 

承太郎のあまりにも無謀な駆け引きに言葉を失うアブドゥル。。。ヾ(´▽`;)

 

「ポヘェーーッ イヒイヒイヒイヒイヒ
イヒヒヒヒ フヘホハホ ヒホホホ イヒヒヒヒ」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 壊れたダービー

 

ダービー壊れたww

 

ドッヒャアアーッ
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 解放された魂
そして・・・ダービーが壊れたことで、解放されていく魂たち・・・

 

「イヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ダービー 再起不能
「そおーれッ!みんなあ~いっしょにマージャンやろーよおー
バックギャモンも楽しいしサイコロもスリルあるよ~ぼくが一番だろうけどさぁー」

 

ダービー・オシリス神・再起不能

 

「やつのコレクションもあの世に放されたようだ
承太郎 どうやらこの様子ではヤツからはもうDIOの秘密は聞きだせないな・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 「大したやつ」
「・・・しかし強敵だった・・・
たったひとりでおれたち4人を一度に倒そうとしたんだから
たいしたヤツだぜ・・・」

「よくわからんが・・・」
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 ダービィー戦 勝利
「わしらはいいとこナシじゃったのォ・・・」

 

ちゃんちゃん♪

 

次回へ続くッ!!

 

スターダストクルセイダース 第35話 感想

原作でも大人気で、OVA版でもかなり評価の高いエピソードである

ダービー戦

スタクル版も無事に終了しましたが、管理人の評価は・・・

 

 

 

正直もうひとつ!!惜しい!!(;´∀`)

 

ってトコロでしたね。。。

原作既読なのでストーリーは分かっているだけに、あとは

 

いかにアニメのオリジナルな面白さを見せてくれるか?

 

って所に期待してたんですが・・・

良くも悪くも原作通り

って感じで、いまひとつ盛り上がりに欠けちゃってましたね。。。ヾ(´▽`;)

そして、今回・・・エピソード自体は面白いのに低評価にしちゃった一番の理由は

 

あの無粋な黒塗り規制!!(# ゚Д゚)

 

アレはホント・・・イタダケナイ。。。(-“-)

深夜帯のアニメでもあんなに真っ黒にしないとダメなん??

 

てかさ・・・

単なる設定上のことなのに、高校生がタバコ吸うって描写に対してクレーム入れられちゃうようなご時世

ってのは、「なんだかな~」って感じですね。。。┐(´д`)┌

フィクションとノンフィクションの境目も分からんような、想像力の欠如した人が増えちゃってるんですかね??

今回はせっかくの名シーンもこの黒塗り規制で台無しだったのが・・・ホント残念デシタ!(TдT)

 

キャスト的には・・・

ダービー役の銀河万丈さん

は、前編よりも後編のほうがシックリきてて良かったですけどね!

さすがは・・・

 

 

 

 

 

 

聖帝サウザー
サウザー様!!

「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」

って感じで、ドンドン前へ前へ行ってくれたんですね?分かります(・∀・)

 

って事で、今回のスタンドチャート!
ジョジョ アニメ 第三部 第35話 スタンドチャート オシリス神
オシリス神

必然的に前回と同じですね(^_^;)
ホント・・・ステータスだけで見ると全くの雑魚なんですけどね~w

 

そして次回は!!久々に登場のホル・ホースと、まさかのボインゴ!!
コレはやっぱ・・・あの特殊EDを期待してて良いんですよね!(*´ω`*)

って事で、本編だけでなく色んな所が楽しみになりそうです!ヽ(=´▽`=)ノ

 


Sponsored Link

書けばよかろうなのだァァァァッ!!